どうなった?競馬!


No.1「はじめてのデート!その1」

こんにちは。

わたし、22歳のOLです。

彼氏いない歴22年だった、わたし。

こんなわたしに、初めて彼氏が出来ました。

女の幸せって、こんな感じなのかなー。ウフッ!

彼と初めてのデートの時の話です!
忘れもしない、11月10日のこと・・・。

その日は、午前11時に新宿駅南口で待ち合わせました。

わたしは、ちょうど11時に駅に着いた。
彼の姿を探すと・・・。いたいた!
タバコを吸いながら、待ってたんです。でも、でも・・・!

耳から黒いヒモが出てる!いったい何?

よく見ると、どうもイヤホンみたい。いったい何を聞いているのかしら?

彼ったら「ちょっと買いたい物があるんだけど、いいかな?」だってー。

きっと、タイムズ・スクエアーねっ!
わたし、もちろん「いいよー!」て言いました。

彼ったら、横断歩道を渡って、新南口のところからなぜか階段を下りていったんです。
「あーっ!きっとビクトリアで、スキーかボード関係ね!」って思ったんです。
でも、でもー!ビクトリアを通り過ぎて、さらにまっすぐ進んで行ったんです。
「いったい、どこに行くのかしら?」
ふと気づくと、まわりには怪しいおやじがいっぱい!なんか変!

「ほら、ここだよ!」って彼。

「W・I・N・S ?」いったい何をする所なの?

なんだか、すごい人ゴミ!
入った所には売店があって、新聞や赤いマジックを売ってるんです。
彼ったら、慣れた感じで階段を上っていった。一体何を買うつもりなんだろう?
わたし、急いで彼の後に付いて行ったんです。

2階につくと、さらにすごい人ゴミ!彼は「やっぱり3階だな!」って言うと、さらに上の階へ。

3階に着くと、なんだか自動販売機の前にみんな並んでるの。
「もう!いったい何なの?」って聞いたら、彼ったら

「馬券だよ!」だって!もしかして競馬!?

わたしパパから「ギャンブルだけはやっちゃいかん!」って育てられたから
なんか悪いことをしてるみたいで、ちょっとドキドキした。

結局1時間も並んだの。

ちょっと頭にきたけど、彼の馬券を手にしたときの嬉しそうな顔を見たら
「ま、いっかー」って思えたの。

続く!



続きを読む!
Back to deetv.com midnight!