トホホでウフフな話!


#5 「抜けないカギ!」

こんにちは。

わたし、22歳のOLです。

彼氏いない歴22年だった、わたし。

こんなわたしに、初めて彼氏が出来ました。

女の幸せって、こんな感じなのかなー。ウフッ!

しばらく経って、彼から渡されたのはアパートのカギ!

もう、ドキドキッて感じ!

その夜は、彼の部屋でラブラブな時を過ごしたの。ウフッ!

次の朝、彼はわたしより1時間早く出かけたの。「戸締まりよろしくねっ」だってー。

「わたしも会社にいかなくちゃ!」
表に出て、彼にもらった新品のカギで、部屋のドアのカギを閉めようと思ったらー。

「カギが抜けないっ!なんでー?」

カチッてカギはかかるんだけど、どうしても抜けないの。

「どうしようー!」

ガチャガチャやっているうちに、隣の人が出かける気配がしたの。

「やっばーい!」

わたしはカギをつけっぱなしにしたまま部屋に逃げ込んだの。

隣の人がいなくなった頃を見計らって、表にでた。

「ガチャガチャガチャッ!」やっぱり抜けないよー!

わたしは力まかせせにカギを引き抜いた。

「あっ、抜けた!」

「新品だからだめなのよっ!」

わたしは、彼の部屋に入ってカギを削ることにしたの。

目にとまったのはハサミ!

しかたないからハサミでカギを削ったの。

「ガリガリガリッ!これでよしっ!」

「早く行かないと遅刻しちゃう!」
わたしは表に出て、カギを閉めようとした。

「ガチャガチャガチャッ!」やっぱりダメー!

「なんで?なんで??なんでーっ???」

「きっとカギ穴のほうがおかしいんだ!」

わたしはもう一度、彼の部屋に入ってハサミを持ってきたの。

「ゴリゴリゴリッ!これでよしっ!」

でも、でも、でもー!やっぱりダメー!

わたしは力まかせにカギを引き抜いた!もうっ!

しかたないから、その日はそのまま会社に行ったの。

でも、彼はどうやってカギを抜いているんだろう?
あのカギ、絶対変だよー。早く直さなきゃ!彼も苦労してるに違いないわ!

その夜、彼にTELをかけて、カギのことを教えてあげたの。
「ねえ、部屋のカギ変じゃない?」って言ったら「別にー」だって!
わたしはカギが抜けないって話したら・・・!

「バカだなー!半回転戻したら抜けるんだよ!」だってー!

彼にバカにされちゃったけど、もうこれで安心!

バカとハサミは使いよう!ってかー!(意味不明)


Web masterより!

バカです!

トホホ度(5点満点で) 4.5点!



Back to トホホでウフフな話

Back to deetv.com midnight!