1978年5月11日(木)くもり


テニス部に完全ふっきまであと20日。
たえるのだ。ぼくちゃんよっきゅ〜ふまん。

はじめはいやなクラスだと思っていた2-7が最近はとても楽しい。
友達と気軽に話あえるし、遊べるし、学校に行くのがとても楽しい。
これでクラブができればもう完全に満足なのに。
あともう少しのしんぼうだ。

このケガでよいことをみつけなければいけないと思い、
行動してきたが、そのけっかはどうかよくわからない。
しかし、月日がたてばいいことがあらわれてくると思う。
「人間しんぼう」なのだ。

(以下、筆記体でサインがしてある)

by Yuichi-izumi



<解説とツッコミ>

今回は、まさに優等生的な発言が目に付くよね(爆)

しかし、このころの純粋さが眩しくもあるぞ・・・。
学校生活が楽しいなんて、今の今まですっかり忘れてしまっていたよ・・・。

「このケガでよいことをみつけなければいけないと思い、行動してきたが・・」
いいぞ、ポジティブシンキング!(笑)

「そのけっかはどうかよくわからない」・・・(おいおい)

「月日がたてばいいことがあらわれてくると思う」
って、その後、何かに気づいたのだろうか?

「人間しんぼう」なのだ。
と言い切れる、あの頃が少し羨ましかったりする・・・。



next!1978年5月12日(金)へ

back!1978年5月10日(水)へ

Back to 「1978」Index

Back to 「創作日記」Index

webmaster@deetv.com

All Rights Reserved, Copyright by deecloud!