1978年5月21日(日)はれ


とうとう今週の木曜日で病院が終わりだ。
少しずつすぶりをやっている。
だいたい元のように力強くふれるようになってきた。
さいきは近い。けがさえなおれば西原と組んで試合に出よう。
8月の試合にはかならず出たい。

このケガで本当に健康のすばらしさが身にしみてよくわかった。
これからは気をつけていかなくてはならない。
集団の中では僕1人がケガをしても人にめいわくをかけるのだ。
これからは気をつけようと思う。
今の世の中、危険なことがいっぱいなのだ。

このケガでいつのまにか左手がとても強くなったみたいだ。
それはいつも右手にかわって重いにもつをもっていたからだと思う。

このケガで学んだものー

健康のたいせつさ。生きることのすばらしさ。



<解説とツッコミ>

いよいよ木曜日で病院も終わり。少しずつ素振りも始めたようだ。

健康の素晴らしさは、怪我や病気をして初めて気づくものである。
しかしながら、元気になるとすぐに忘れてしまうので注意が必要だが。

スケボーで転んで怪我をしておきながら、それでも
「今の世の中、危険なことがいっぱいなのだ」と、言い切れる若さがステキだね(笑)

左手が強く、器用になったことがこの怪我のメリットか・・・。
それと、「健康のたいせつさ。生きることのすばらしさ」を知ったことか・・・。

でもさあ、「生きることのすばらしさ」を知ったとはすごいぞ。
どこで、どういう、「すばらしさ」に気づいたのか、是非教えて欲しいものだ。

でも、たぶんそれはただの「勘違い」ということだと思うのだが(笑)



next!1978年5月22日(月)へ

back!1978年5月20日(土)へ

Back to 「1978」Index

Back to 「創作日記」Index

webmaster@deetv.com

All Rights Reserved, Copyright by deecloud!