1978年5月23日(火)はれ


いよいよテスト9日前だ。そろそろはじめなくては。
勉強が苦し〜。

いつもながら、はやくクラブがした〜い。

中原はほねを2本おって大ごとだ。3ヶ月かかるそうだ。でも左手。
平井もおったそうだ。左手。
前にカキ(あだ名)も大ケガをした。左手。

そして僕ー右手。

新人戦こうほメンバーの全員が手にけがをしている。
なにかたたられているみたいだ。
みんな左手なのに、僕だけ右手。
ひじょ〜にくるしい。

でもさいきはちかい。

(以下、筆記体で)
Good-night.



<解説とツッコミ>

テスト9日前だと、まだまだ余裕がある様子だ。
クラブもテスト一週間前から休みという感じなので、9日前だとまだ臨戦態勢ではないんだよね。

しかし、ケガをしている人間が異常に多いな。
大丈夫か、この学校?(笑)
毎週死人が出ているのに「この平和な学園で!」と言っている学校みたいじゃないかい?(大げさ)

ケガをしたみんなは、利き腕でない左手で、自分だけ右手というのはかなり大変だったと思うぞ。
でも、実はそんなマイノリティーさが快感だったりするんだよね。

辛いけど楽しかったり、ケガをしたときの複雑な感情って確かにあるんだよね。
同情されたり、励まされたり。
特にこの年頃だとすごく気持ちいいことなのかも知れない・・・。



next!1978年5月24日(水)へ

back!1978年5月22日(月)へ

Back to 「1978」Index

Back to 「創作日記」Index

webmaster@deetv.com

All Rights Reserved, Copyright by deecloud!