ラブホの支配人=日記..NO3.

.美女全裸熟睡事件..平成10年2月某日

この恐怖の体験は.......前日というより当日AM:3:00に入った
カップルによって..引き起こされた
当直ではなかった私は..詳しいいきさつはわからないが
20代前半のカップルは..酔っ払って入ってきたそうな、
其の前に...ホテル側はいろんな事件の予防策考えて.
常に実行しているが.
これは其の予防策をしなかったばっかりに起きた事件である。
「休憩.宿泊客は2人ではいって−2人で帰ってもらう」
どちらか1人だけが帰るということは、
「必ず何か事件がある。」
たとえば.「喧嘩した」とか、
「先に寝てしまった」とか,
「OOが気に入らん」とか,
「金がない」とか、
先に男性が帰るということは.
必ずなにかあるはずなんです。
あくまで.基本は(2人で帰ってもらう。)

さて..どうしてこうなったを説明...
あさの4時ごろに1組のCKOUTを..対応している間に,
306号室の男性客が帰った。」ということらしい。
これはどうも「いいわけ」らしい(フロント係り)の
「その時にどうして声をかけなかったのか??」
「わからなかった」「気が付かなかった」
「仮眠をしていた」
...................うむ?困ったことになった」
モーニングコール(追い出しコール&在室確認コール)を..
いつもAM9:30に自動セットして一斉に部屋へかける。
しかし..306号室..無応答.のランプがついた。
いやな予感がした......なんともいやである・
ここでの確認事項
1.部屋に鍵がかかっているか?(かかっていなければ在室の可能性は薄い)
  (逃げられた?)
2.2人の靴はあるか?(あれば在室の確認が出来る)
  306号室.鍵がかかっていない。

靴は1足だけである.(でもサイズは大きいぞ??)スニーカー
うわーーー..最悪..!!!一番いやなパターンだ!!
「どうしよう。。!?」...うむ!!!「警察??」
どうしよう??????????!!!!!!!!
こんな経験は..なかった!いままで「予防策」は成功してきたのだ!
この時のいやな気分;;;;;最悪..
ラブホテル「{*美女}殺人事件」の見出しが頭に浮かんでしまった
*あとでわかった..私の好みのタイプなので「美女」としました。
さあ.とりあえず..生死の確認をしなければ!!!
何度も何度も..確認のコールをいれるが......でない!
さあ.意を決して.(踏み込む)=こんな言葉がほんと適切!
ドアを開け.そーっと.ほんとに息も殺してとはこのことだろう。
目に飛び込んで来た光景......””””””

ベッドの上に「全裸」「まったくの全裸の女性」「はちきれんばかりの全裸」
「ぴちぴちの全裸」でも少し肥満かな?
朝の10:20である。
いくらOOOの終わったあと.とはいいながら..「パンテイーぐらいはいとけよ」
しかし..首はベッドから落ちてるし.右手はだらーんとしている。
落ち着け:落ち着け}
生きてるか?
息はしているか?
TVドラマの殺人現場「そのもの」だった
血はでていないか?
首を絞められたあとはないか?
うわああーーもういやや!!!!!!!
ふううーーー..
顔色..OK!
血..なし!
首あとなし!!
よーーーし..大丈夫や」.
ほっぺさわったろ...うん..あったかいな!!よしよし(^^;)
横にいるおばちゃん..おれのベルト掴んで放さん。。。
....ふうううーーーもう大丈夫!!
「いきとる..うん生きとる」...
.....................................
さーーあ..観察したろ....うしししし”
でも..大きなーーおおっぱい」
あそこの毛=剛毛?!..
でもなんとも無防備な......格好なんだろう??
完全の熟睡状態::::ん?薬でも飲んでるのかな?
今度は新たな疑問が..浮かんできた!!
もうーーーいやややでーーー!!!!
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

結末......それから1時間30分..四回目のコールで電話に出たのだった。
かわいい声だった。。。。15分後..CKOUT..¥3500の延長料金..
160cm前後の..大きな女性..22.3歳かな?
仕事とはいえ..いやな体験だった。結果的には(いいもの)を拝ませていただき
ありがとう
ございました。

次回....「枕さがし」



Back to ラブホテル支配人日記Home

webmaster@deetv.com

All Rights Reserved, Copyright by deecloud!