ラブホの支配人=日記..NO6.

真夏の夜の夢..かな?

実際.考えられないことばかり..客ばっかり。

救急車を呼んだお客パート1

もう深夜の1時..自宅に帰って寝床に入ったら
携帯電話が鳴り出した..「あーあ.ボイラーが故障かいな?」
..実際故障続きの毎日だった
電話に出た途端..救急車のサイレンが耳に飛び込んできた。
「?どこからじゃ?」と思いながら......
おばちゃんのいうことにゃ..........
「わたしも何で..救急車がきたかわからへん??」
「308号室」が勝手に.呼んだ
「彼女が死にそうだから!」
「失神している!」
「息が苦しそうだから!」
救急隊員は..くわしく事情を聞いている。
おばちゃんとの電話で「やりとり」を聞いていて、
思わず笑い転げてしまった...........

すなわち..あの最中に「彼女」がいってしまったのだ!!!!
いい仕事してまっせ>あんたは...
彼氏は..そんなこと知らず励んでいたそうな!!
で.自分もいってしまって..彼女の様子が変なのに
あわててしまったそうな........
「なんで失神してるのか??」
気が動転してしまって.....救急車を呼んだのだった

結末..?聞きたい??

収集がつかず..彼女は泣き出したそうな..後から聞いた話..
ガウンのまま..救急車に乗って..病院にいった>
どこの病院いったのかな?

もうそれっきり..解らず仕舞い..................
あの二人はいまでも付き合っているのだろうか???
”””””””””””””””””””””””””””””””””””””
”””””””””””””””

救急車パート2

これはもう「事件」でした
よっぱらった.アベックがはいったのは.
午前2時

客室にはいって10分ぐらいで..
215号室から..「救急車を呼んでくれーーーーーー」
「ドアのガラスを割って.腕を切ったアアア!!」
男の声が.ひっくり返っていた............
こちらもあわててしまい...119番に.こちらの住所を言うところ
「215号室です」とばっかり繰り返していた。

通報が済んで..おばちゃん達を見に行かせてから
..報告を待っていたが..

5分もしないうちに..救急車到着.
ガウンを着た..女性
左肘から下を..バスタオルでぐるぐる巻にして.
担架に乗せられた..
もうタオルも真っ赤に染まっている..
男は40代..女30代かな?
男は服を着ていたが..
女性の服を手に持って..靴も..ハンドバック.
完全に「パニック」状態だった...
無事..病院に搬送された...
やれやれ..どんな状態なのか.部屋を掃除に入って
驚いた
風呂のドアのガラスに.よろけた状態で突っ込んでしまったのだ

うわああ..血のにおい..は.すごい。
壁に.血の手形がくっきり>
絨毯には点々血の跡>
布団は血だらけ>
ガラスは飛び散って>
”””””””””””””””””””””””
もう当分..この部屋は使えないな!!
血のにおいって..なかなか消えないもんですね
ガラス修理=¥38、000
絨毯張り替え=¥150,000
クロス張り替え=¥120,000
計........¥308,000也
その日から1週間.その部屋は使えなかった。
”””””””””””””””””””””””””””””””””””””
”””

*旅館保険にて修繕費..治療費.
大方の旅館・ホテルはこの種の保険に加入しているはず

******参考まで******



Back to ラブホテル支配人日記Home

webmaster@deetv.com

All Rights Reserved, Copyright by deecloud!